「プライドジャパン」が全国で開催している自主対戦型草野球大会の全大会はこちらから。

大会メニュー
第2回プライドジャパンカップ決勝トーナメント【非公開】
大会メニュー

全国ドーム大会


東北地区決勝トーナメント出場チーム


東北地区決勝トーナメント組み合わせ


関東地区決勝T出場チーム


関東地区決勝トーナメント組み合わせ


東海地区決勝T出場チーム


東海地区決勝トーナメント組み合わせ


関西地区決勝T出場チーム


関西地区決勝トーナメント組み合わせ


九州地区決勝T出場チーム


九州地区決勝トーナメント組み合わせ


トーナメント戦タイトル

関東地区

決勝トーナメント

試合結果

×  KOJB嵐   1 深谷クラブ  ○ 
(戦評)
K.O.J.Bは初回に先制するも、3回に深谷クラブの猛攻で逆転。そのまま3-1で深谷クラブが勝利した。(KOJB嵐)
先攻、K.O.J.B・久保田投手。後攻、深谷クラブ・齋藤の先発。
初回、1番山浦選手が四球を選ぶと2番松島選手がきっちり送り、さらに3盗でチャンスを作ると3番大平選手の内野ゴロがFCとなりK.O.J.Bが先制する。4番大鷲選手のセンターオーバーの2塁打でさらにチャンスも後続が続かず、1点止まり。
対する深谷クラブは1,2回と出塁するもどちらも4-6-3の併殺打で久保田投手の前にチャンスを広げられない。
3回表、1番山浦選手の死球と盗塁、2番松島選手のヒットで無死2,3塁の大チャンス。しかし、後続をライトフライ、三振、センターフライに打ち取り先発の齋藤が粘りを見せる。
これで流れを作った深谷クラブは3回裏、7番木部のセンターオーバー2塁打、8番茂木のライト前でチャンスを作ると、牽制球が暴投となり、1-1の同点。さらに1番永吉のライト前タイムリーで逆転に成功。3番新井にもタイムリー2塁打が飛び出し3点をもぎ取る。
4回裏からK.O.J.Bは周東投手がマウンドに上がり、3イニングを6奪三振で無失点に抑え込む。
5回表、深谷クラブはピッチャー金成にスイッチし3人できっちり抑え、6,7回を阿部がリリーフし無失点に抑えゲームセット。
3-1で深谷クラブが逆転勝ち。西武ドームの切符を手にし、全国大会へコマを進めた。(深谷クラブ)
グランド、審判の手配ありがとうございました。素晴らしいチームとの一戦、痺れました。また対戦機会がありましたら是非よろしくお願いします。(KOJB嵐)
K.O.J.Bの皆様ご対戦ありがとうございました。最後まで緊張感のあるいい試合だったと思います。今後もオープン戦などでお互いのレベルを高めていければ幸いです。またご対戦宜しくお願い致します。(深谷クラブ)
○  KOJB嵐   4 VICTORYS  × 
(戦評)
試合中盤、K.O.J.Bが相手内野手のエラーで先制するも、VICTORYSもエンドランを決めすかさず同点とする。そのまま延長タイブレークに突入し、K.O.J.B表の攻撃で先頭阿久澤がレフトへ2点タイムリー、大鷲のセンター犠牲打で4‐1と勝ち越す。その裏VICTORYSは、ワイルドピッチで1点、犠牲フライで1点差とするも、最後の打者が投手ゴロに倒れゲームセット。(KOJB嵐)
7回終わって1対1。
サドンデスで3点を取ったKOJBが勝利。(VICTORYS)
VICTORYS様遠いところ遠征いただきましてありがとうございました。 緊張感のあるいい試合でした。 また機会がありましたらよろしくお願いします。(KOJB嵐)
ありがとうございました。(VICTORYS)
○  KOJB嵐   7 ハードライナーズ  × 
(戦評)
K.O.J.Bは初回に2点を先制。3回ハードライナーズが同点に追いつ。その後5回にK.O.J.Bが5点を奪い、7-2でゲームセット。(KOJB嵐)
(ハードライナーズ)
ハードライナーズ様 遠征していただきありがとうございました。 また対戦機会がありましたらよろしくお願いいたします。(KOJB嵐)
審判、グランドの手配ありがとうございました。勉強になりました。また機会があればお願いします。(ハードライナーズ)
×  TABOO   1 VICTORYS  ○ 
(戦評)
(TABOO)
0対0で迎えた最終回。
2死3塁からタイムリーでJ-MINDSさんが先制。
その裏、2死1・3塁から2番・加藤のタイムリーで同点とし、続く3番・久保川の打席で2塁走者・北住が三盗。
この時、1塁ランナーを刺そうとキャッチャーは二塁へボールを送球。
この送球がショートバウンドとなり、その隙に2塁走者の北住が一気にホームを狙い、クロスプレーも間一髪セーフとなり、劇的なサヨナラ勝ちとなった。(VICTORYS)
この度はグランドの手配いただきありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。(TABOO)
審判の手配ありがとうございました。 個々のレベルがJ-MINDSさんのほうが格段に上でした。 また練習試合等、よろしくお願いします。(VICTORYS)

関西地区

決勝トーナメント

試合結果

○  WAKOMEN   6 株式会社 吉田土木  × 
(戦評)
(WAKOMEN)
1回表1死2・3塁、2回表2死1・2塁、3回表2死満塁と吉田土木が序盤3度のチャンスを生かしきれず。逆にピンチを凌いだWAKOMENが、3回裏に無死1・3塁のチャンスに3番打者が強烈なセカンドゴロを放つ。それを二塁手♯5.茨木勇が後逸…、ボールは転々と右中間を転がり、打者走者まで本塁へ還り、3点を先制!!何とか反撃に転じたい吉田土木は、5回裏に再び2番♯9.柴田の右前安打をきっかけに、2死1・3塁のチャンスを作る。しかし、5番♯8.高尾が三ゴロに討ち取られ無得点。本当に本塁が遠い展開となってしまう。逆に6回裏、WAKOMEN6番・7番の連続安打でチャンスを作ると、8番打者が右中間を深々と破るランニング3ランホームランを放つ。これで勝負あり。序盤のチャンスを悉くものにできなかった吉田土木と2度の好機を確実にものにしたWAKOMEN、その差がまざまざと現れた試合結果となった。(株式会社 吉田土木)
ありがとうございました。(WAKOMEN)
対戦ありがとうございました、また機会がございましたらよろしくお願い致します。(株式会社 吉田土木)
×  ギニュー特戦隊   1 WAKOMEN  ○ 
(戦評)
(ギニュー特戦隊)
(WAKOMEN)
対戦ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。(ギニュー特戦隊)
ありがとうございました。(WAKOMEN)