「プライドジャパン」が全国で開催している自主対戦型草野球大会の全大会はこちらから。

大会メニュー
第2回プライドジャパンカップ春季大会【非公開】
大会メニュー

関東地区


東海地区


東海地区(事務局主催)


関西地区


九州地区


トーナメント戦タイトル

関東地区

トーナメント

試合結果

×  TABOO   2 深谷クラブ  ○ 
(戦評)
(TABOO)
先攻・J-Minds・藤井、後攻・深谷クラブ・飯塚の先発。
深谷クラブは1番永吉が四球を選ぶと2番木部がきっちり送り、ワイルドピッチで三塁に進めると3番川田がエンドランを決め、先制し、尚も制球の定まらない藤井投手を攻め、2回終わって4-0とリードする。5回表、J-Mindsは6番幡野の2塁打と7番伊藤のヒット、8番山本の内野ゴロの間に1点を返す。6回裏、代打・大平のレフトオーバーの2ランRホームランが飛び出し、7-1。
最終回、大川がマウンドへ上がると4番佐藤のホームランで1点を返し、尚、1死2、3塁のチャンスも8番山本のあたりはサードライナー。深谷クラブ・新井が好捕しダブルプレーで試合終了。先発の飯塚は6回を3安打6奪三振の好投。7-2で深谷クラブが勝利した。(深谷クラブ)
今回は試合並びに審判とグランドの手配、ありがとうございました。 また機会があれば対戦宜しくお願い致します。(TABOO)
遠征していただき、ありがとうございました。また機会ありましたら、ご対戦お願い致します。(深谷クラブ)
×  DAKYO倶楽部   1 11  深谷クラブ  ○ 
(戦評)
DAKYO倶楽部は初回に3・4番の連続タイムリーで先制するも、
深谷クラブの怒涛の攻撃に5回までに11失点でコールドゲームとなった。(DAKYO倶楽部)
先攻・DAKYO倶楽部、先発・金田、後攻・深谷クラブ、先発・木部で試合開始。
1回表、2死から3番金田のヒットと4番西の左中間への2塁打でDAKYO倶楽部が先制点をもぎ取る。
1回裏、1番永吉のライト線への先頭打者ランニングホームランですぐさま同点。尚、1死満塁で6番豊留の内野ゴロの間に2塁ランナーの久保川まで生還し、3-1。
その後も9番浅見、5番茂木、2番木部のタイムリーが飛び出し、毎回得点の11-1で5回コールド成立。
先発の木部は、初回と2回にヒットを打たれたが、その後は完璧な投球で無四球勝利投手。深谷クラブが2回戦へ駒を進めた。(深谷クラブ)
今回の対戦では大変お世話になりました。 いろいろとご手配いただきありがとうございました。 (DAKYO倶楽部)
DAKYO倶楽部の皆様、ご対戦ありがとうございました。日程調整していただきましてありがとうございました。また対戦の機会ありましたら、宜しくお願い致します。(深谷クラブ)

東海地区

トーナメント

試合結果

×     1 FELLOW Baseball Club  ○ 
(戦評)
()
(FELLOW Baseball Club)
 ()
対戦有難うございました。(FELLOW Baseball Club)
×  MONSTA   1   ○ 
(戦評)
5回MONSTAが先制するも、その裏にTIMEOUTが4点を奪い逆転。
そのままTIMEOUTが4-1で勝利。(MONSTA)
()
冨士代様、TIMEOUTのメンバーの皆様、対戦ありがとうございました。 グランド、審判の手配もありがとうございました。 リーグ戦も宜しくお願いします。(MONSTA)
 ()
×  SevenStars   1 FELLOW Baseball Club  ○ 
(戦評)
(SevenStars)
(FELLOW Baseball Club)
対戦ありがとうございました。 また機会があればよろしくお願い致します。(SevenStars)
対戦有難うございました。(FELLOW Baseball Club)
×  坂下ボンバー隊   0 MONSTA  ○ 
(戦評)
(坂下ボンバー隊)
4回にMONSTAが荒谷の本塁打などで3点をとり、3人の投手リレーで逃げ切った。(MONSTA)
お疲れ様でした。 最後まで白熱した試合ができたとおもっております。 また機会があれば、対戦よろしくお願いします。(坂下ボンバー隊)
棚垣様、坂下ボンバー隊のみなさま、対戦ありがとうございました。 グランドの手配もありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。(MONSTA)
○     10 ドエリャーズ  × 
(戦評)
()
完敗でした(ドエリャーズ)
 ()
TIMEOUTのチーム関係者の皆様 対戦ありがとうございました。 また機会があれば宜しくお願いします。 もう少し、まともな試合が出来るよう練習してきます。(ドエリャーズ)
×     0 SevenStars  ○ 
(戦評)
序盤、フィスフィスクラブは凡打の山を築く一方、SevenStarもチャンスは作るもあと一本が出ず0-0。
試合が動いたのは中盤、ヒットとエラーでSevenStarが先制。終盤にも2点を加え4-0で勝利した。
SevenStarは継投でフィスフィスクラブを1安打に抑えた。()
(SevenStars)
活気のあるチームで、試合をしていて楽しかったです。 またよろしくお願いします。()
対戦ありがとうございました! また機会があればお願い致します。(SevenStars)
×  MacJapan   3 FELLOW Baseball Club  ○ 
(戦評)
(MacJapan)
(FELLOW Baseball Club)
 (MacJapan)
対戦有難うございました。(FELLOW Baseball Club)

関西地区

トーナメント

試合結果

○  アンビリーバブルズ   10 株式会社 吉田土木  × 
(戦評)
(アンビリーバブルズ)
初回、アンビリの攻撃は先頭打者が中越え2塁打でチャンスメイク。その後、四球やバッテリーミスで先制点を許す。しかしその裏、吉田土木は1番♯9.柴田が右前安打で出塁。2番♯5.茨木勇が中前安打で繋いで無死1・2塁で、3番♯8.高尾はきっちりと送りバンドを決めて1死2・3塁とする。ここで、4番♯2.山崎がスクイズを決めてすかさず同点とすると、5番♯0.酒巻が四球、6番♯7.玉置の内野安打で逆転に成功、2-1とする。初回から両チーム慌ただしい展開となったこのゲームは、更に2回表に大きく動く。2回表、アンビリ5番打者が本塁打を放ち同点。更に、吉田土木先発♯19.吉井を攻め、4本の安打と2つの失策で一挙この6点を挙げる。更に3回表にも、2死1塁から9番打者に2ランホームランを浴びる。その裏に、吉田土木3番♯8.高尾がセンターへ本塁打を返すも、序盤3回を終えて9-3とアンビリが大きくリードを広げる。4回表にも2番打者が、この日チーム3本目となる本塁打で1点を追加。5回裏、吉田土木は4番♯2.山崎の2ランホームランで意地を見せるも、序盤の失点が響いて、5回終了時間切れで10-5でアンビリが勝利となった。(株式会社 吉田土木)
対戦ありがとうございました。(アンビリーバブルズ)
対戦ありがとうございました。また次回、対戦を楽しみにしております。(株式会社 吉田土木)
×  大和ナインスターズ   1 10  アンビリーバブルズ  ○ 
(戦評)
雨の中、初回お互いに1点を取り、試合は進むも2回2死より失策が続き、終わってみれば大差で終了する。(大和ナインスターズ)
中盤に大量得点を重ねたアンビリーバブルズが10-1で勝利。(アンビリーバブルズ)
対戦ありがとうございました また対戦できるときにはレベルアップしときます。(大和ナインスターズ)
対戦ありがとうございました。(アンビリーバブルズ)
○  株式会社 吉田土木   4 Imperial  × 
(戦評)
試合が動いたのは3回裏㈱吉田土木の攻撃。2死から3番♯2.山崎が死球で出塁すると2盗を決める。続く4番♯18.徳武が左前へ先制タイムリー。続く4回裏にも㈱吉田土木が猛攻を仕掛ける。7番♯0.酒巻が二飛失策で出塁すると、8番♯3.堀内がきっちりと送りバンドを決めて1死2塁とする。9番♯25.佐藤は投ゴロに倒れるも続く1番♯9.柴田がこの日2本目となる2塁打を左中間へ放つ。これで1点追加。2番♯7.玉置が二ゴロ内野安打で繋いで2盗を決めて、2死ながら2・3塁のチャンス。ここで3番♯2.山崎が三ゴロ内野安打で一気に2点を追加。計3点を追加して4-0とリードを広げた。投げては㈱吉田土木先発♯19.吉井が7回を投げ切り散発2安打の完封勝利と言う安定感を見せた!!(株式会社 吉田土木)
(Imperial)
対戦ありがとうございました、また機会がございましたらどうぞよろしくお願い致します。(株式会社 吉田土木)
グランド、審判手配ありがとうございました。リーグ戦でリベンジさせていただきます!(Imperial)
×  Armadas   4 13  大和ナインスターズ  ○ 
(戦評)
(Armadas)
初回、先攻のアルメイダスは安定しない先発中島の四死球や安打により4点先制。すぐさま、大和ナインスターズは4番石田、5番平形によるタイムリーで3点返す。続く2回裏、2番大森の同点打にて4-4と振り出しに。4回裏ゲームが動く。2死から1番齋藤が四球から盗塁にて得点源へ。そこでまたも2番大森。中前安打による逆転打。その後、大和ナインスターズは追加点を積み重ね13得点。5回から守護神石田が2回をピシャリと抑えゲームセット。(大和ナインスターズ)
対戦ありがとうございました。 また次に対戦するまで鍛えなおしておくので機会があればよろしくお願いします。(Armadas)
好投手との対戦で楽しく野球ができました。 正直、初回は焦りました。 また、別日でも対戦希望します。 ありがとうございました。 13番の方、チャック全開のプレー気持ちよかったです(笑)(大和ナインスターズ)
○  アンビリーバブルズ   5 ECLEA  × 
(戦評)
アンビリが初回HRで2点を先制。その後両チーム無得点が続いたが、7回アンビリは押し出し四球と適時打で3点を追加し5-0で勝利した。(アンビリーバブルズ)
(ECLEA)
対戦ありがとうございました。(アンビリーバブルズ)
 (ECLEA)
○  株式会社 吉田土木   1 侍ブルドッグス  × 
(戦評)
4月27日に激戦の末、6回を終了して0-0時間切れ引き分けとなった再戦。

前回の対戦のリプレイを見ているような、序盤から両先発投手が踏ん張り、凌ぎ合いの展開となった。

先にチャンスを作ったのは、㈱吉田土木。4回裏の攻撃、1死から2番♯10.赤土が死球で出塁すると、3番♯2.山崎が送りバンドで進めると、4番♯18.徳武が強烈な左前安打で先制かと思われたが、侍ブルドッグの好守で二塁走者が本塁憤死。先制ならず。

㈱吉田土木は、5回・6回にも得点圏に走者を進めるも、侍ブルドッグ先発投手の踏ん張りの前に一歩届かず得点にならない…。

一方、㈱吉田土木先発の♯8.高尾は、序盤から安定した投球を見せて7回を投げ切って1安打6奪三振の好投を見せた。

そして、イニングは7回裏㈱吉田土木の攻撃を残すのみ。先頭の5番♯8.高尾が右前安打で出塁。6番♯7.玉置、7番♯0.酒巻が連続四球で無死満塁。ここで、侍ブルドッグは継投に転じ、8番♯6.表を投飛に討ち取り1死。しかし、9番♯5.茨木勇が投手のグローブをはじく強襲安打でサヨナラ勝ちとなった。

2週に渡って続いた激闘は、とうとう13イニング目で㈱吉田土木が得点を挙げた。(株式会社 吉田土木)
(侍ブルドッグス)
対戦ありがとうございました、また機会がございましたらどうぞよろしくお願い致します。(株式会社 吉田土木)
 (侍ブルドッグス)
×  ギニュー特戦隊   0 F・B・C  ○ 
(戦評)
序盤から両チームともチャンスを作るもあと1本が出ず、0点に抑え試合が進むが、迎えた6回表。FBCが先頭が出塁し、その後ワイルドピッチでランナーが進みタイムリーを放ち2点を先制する。
追いつきたいギニューだったが、相手投手の巧みな投球で返すことが出来ず、そのまま2対0で試合終了。(ギニュー特戦隊)
(F・B・C)
対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします!(ギニュー特戦隊)
ありがとうございました。久々にしびれる試合でした。また、リーグ戦もよろしくお願い隊ます。(F・B・C)

九州地区

トーナメント

試合結果

×  チーム宗像   1 Sanyou Yamaguchi United   ○ 
(戦評)
チーム宗像 000 010 0 1
S Y U 000 002 × 2(チーム宗像)
SYU村澤、チーム宗像安部の両投手の先発で試合開始。1回の表チーム宗像の攻撃を三者凡退に抑えると1回の裏SYUにチャンス到来。1番村田がフォアボールで出塁するとすかさず盗塁を決めノーアウト2塁。2番が倒れた後3番松浦のライト前ヒットで1アウト1塁3塁。松浦がスチールを決め2、3塁にするも4番、5番が倒れ得点ならず。両投手好投のまま4回に進みSYUは村澤から吉住にスイッチ。先制したのはチーム宗像。5回表1アウトから深田選手がフォアボールで出塁次打者安部選手のサードゴロの間にランナーを進め2アウト2塁。8番松井選手のレフトオーバータイムリーで1-0。次打者にもヒットを許すがなんとか踏ん張り1失点で切り抜ける。5回まで4安打 放つもチーム宗像安部投手をなかなか点取る事ができないSYU。しかし6回裏先頭の松浦がライト前ヒットで出塁すると4番高坂修がセンターオーバーのタイムリー2ベースで同点。5番堀本が倒れた後6番井上がレフトオーバーのタイムリー2ベースで逆転。これが決勝点となりSYUが2-1でチーム宗像に勝利。(Sanyou Yamaguchi United )
Sanyou Yamaguchi Unitedのみなさん、遠くから宗像市までお越しいただきありがとうございました。未明からの大雨で開催が危ぶまれましたが、無事試合ができて良かったです。次回はぜひ山口県で試合をさせてください。機会がありましたら、よろしくお願いします。ありがとうございました。 (チーム宗像・青木)(チーム宗像)
今日は悪天候の中公式戦後練習試合もしていただきありがとうございました。また球場、審判の手配もしていただきお世話になりました。また機会があればよろしくお願いします。(Sanyou Yamaguchi United )
×  オーシャンズ   3 チーム宗像  ○ 
(戦評)
(オーシャンズ)
オーシャンズ 000 003=3
チーム宗像  101 005=7 ※6回時間切れ

[戦評]
 チーム宗像は1回裏、1死1・3塁から4番山田選手の内野ゴロの間に1点を先取。さらに、3回裏には山田選手の豪快な左越えホームランで点差を2点に広げる。
 5回までチーム宗像のエース・安部投手に散発の2安打に抑えられていたオーシャンズは6回表、無死1・3塁から2番浜崎選手の中前タイムリーと相手捕手の暴投で同点。さらに、1死2塁から4番木下選手の左中間への2塁打で3-2と逆転に成功。
 5回裏から登板した2番手・秋吉投手で逃げ切りを図ろうとするオーシャンズでしたが、チーム宗像は6回裏、四球と右安、二ゴロ失で無死満塁とし、1番白杉選手の内野ゴロの間に3-3の同点。さらに、相手捕手の暴投に、3番宮野選手のタイムリーセフティーバント、4番山田選手のこの日2本目となる右越え2ランなどでこの回一挙5点を上げ、7-3、6回時間切れで、チーム宗像が逆転勝利しました。(チーム宗像)
 (オーシャンズ)
球場、審判の手配ありがとうございました。(チーム宗像)