大会規程

(1)予選リーグ、勝ち点について
 試合ごとに、勝ち:2点、引き分け:1点、負け:0点、不戦敗:-1点が加算されます。

(2)予選リーグ順位決定方法
 ①勝ち点数、②失点数(少)、③得点数、の優先順で予選リーグ順位を決定します。
  ※決まらない場合、事務局指定の抽選方法等により決定します。(再試合を行う場合もあります。)

(3)不戦敗
 試合開始時刻に選手が9名揃わなかったチームは、不戦敗とします。
 (予選リーグ)その際のスコアは0-4(失点4)とし、勝ち点は-1点とします。

(4)メンバー表
 3部(相手、審判、本部用)提出してください。

(5)その他
・対戦時は互いに良識・節度ある行動を心がけてください。
・運営上の都合により止むを得ず大会内容を一部変更する場合がありますことをご了承下さい。
・規程等については、必要に応じて改訂する場合があります。
・規程等に定めのない事態については、適宜事務局において判断・決定いたします。
・大会参加中に発生するあらゆる事故・怪我・トラブル等について、事務局は一切責任を負いません。
 (スポーツ保険等の加入をおすすめします。)


  試合ルール

(1)試合時間・イニング
 7イニング、90分以内を目安とし、前後の数分間は審判員が判断します。
 雨天・日没等で試合続行不可能となった場合は、4回終了を持って試合成立とします。

(2)同点の場合
 (予選リーグ)延長戦を行わず引き分けとします。
 (決勝トーナメント)90分終了時点もしくは7回終了時点で同点の場合
           決着が着くまでタイブレーク方式を繰り返し行う。
※タイブレーク方式:一死満塁、打者は1番打者からスタート(走者は7番、8番、9番打者を走者とする)

(3)コールドゲーム
 5回以降、7点差以上が付いた場合はコールドゲームとする。

(4)指名打者
 使用可能(投手のみ)です。
 
(5)先攻・後攻について
 先攻後攻は審判員立会いのもと責任者のじゃんけんで決定する
 
(6)試合球
 各チーム2個ずつ持ち出してください。(ケンコーボールM号)
  ※ファールボールで紛失した場合は攻撃側が新たに補充してください。

(7)用具について
 ・ユニフォーム、帽子は必ず統一してください。
 ・捕手は、マスク、レガ-ス、プロテクターを着用してください。
 ・打者のヘルメットは必ず着用する。
 ・金属スパイクは使用可能です。
 ・金属バットは、市販されている規定品である事とします。
  ※天候上、審判団が使用危険と判断した場合は、金属バットの使用を禁止する場合もあります。

(8)その他
 ・投手がランナーに出た場合は上着を着る事を認める。
 ・ファールボールは、攻撃側が回収し、球審に手渡してください。
 ・グラウンドルールに関しては、当該審判員の判断に従ってください。
 ・その他試合ルールは、全日本軟式野球2015年度版公認野球規則に準じます。
 ・グラウンド整備を含む試合会場の後片付けは、両チーム協力の下行ってください。