名古屋の少年野球大会

名古屋の少年野球大会
お問い合わせフォーム
トップ画像

トップ画像

雨天開催可否確認用掲示板

★重要なお知らせ(10月14日)

次回の日程調整について
10月30日(土)31日(日)、11月3日(木祝)分まで送信をお願いいたします。

■最新のお知らせ(10月14日)

年間王座決定戦の試合日程が決定いたしました!
年間王座決定戦の試合日程はこちら

■最新のお知らせ(10月19日)

※10月30日、31日、11月3日の試合日程を更新いたしました
新人大会の試合日程/結果はこちら
春季大会・試合日程/結果はこちら
夏季大会・試合日程/結果はこちら
秋季大会・試合日程/結果はこちら
クーニンTV杯・試合日程/結果はこちら
ワールドペガサス杯・試合日程/結果こちら
BSO杯・試合日程/結果こちら
BSマーク杯・試合日程/結果こちら
東名古屋スターズ杯・試合日程/結果こちら
イウジン杯・試合日程/結果こちら
ZETT杯・試合日程/結果こちら
彦野利勝杯・試合日程/結果はこちら
川又米利杯・試合日程/結果はこちら
友永翔太杯・試合日程/結果はこちら
クーニンTV杯関東地区予選・試合日程/結果はこちら
東邦学園杯・試合日程/結果はこちら
立浪和義杯・試合日程/結果はこちら
ミズノドリームカップの詳細はこちら

■重要なお知らせ(9月17日)

9月開催分より日程調整のルールが変更となります(ご担当者様は必ずご確認下さい)
日程調整方法の詳細はこちら

■最新のお知らせ(9月14日)

新学期!受講者受付開始!無料体験レッスン開催!(BSO野球上達塾)
野球が劇的に上手くなる!やるなら今すぐ!
無料体験レッスンのご案内はこちら

■大会エントリー

各大会の参加申込は以下のエントリーフォームより送信して下さい
エントリーフォーム

■日程調整

日程調整用フォーム

■雨天時の確認について

090-1270-7862(事務局携帯)
090-1232-7268(事務局携帯)
090-5860-2300(稲川)
※上記のいずれかにご連絡をお願いいたします

■2021年開催大会・要項

各大会の詳細は大会概要のページよりご覧下さい
大会概要のページはこちら

■参加費、選手登録、日程調整の詳細

※2020年に登録済のチームは2021年の登録費は不要です(新規登録選手のみ登録費が必要)
参加費、選手登録、日程調整の詳細はこちら

選手登録表・エクセル


■全国大会(2021年開催大会)

第1回蒲郡オレンジ杯・全国学童軟式野球大会・公式サイト
第4回プライドジャパン少年野球全国選抜大会・公式サイト
第2回お伊勢さん杯全国選抜少年野球大会・公式サイト

■大会公式SNS

プライドジャパン少年野球Instagram
プライドジャパン少年野球Facebook
プライドジャパンTwitter
プライドジャパン少年野球YouTubeチャンネルはこちら

■2021年度大会・事業計画

事業計画はこちら

■対戦相手募集、球場提供用・掲示板がご利用可能です!

是非ご利用下さい
対戦相手・球場提供募集用掲示板


エントリーフォーム

年間選手登録表

■PR


BSO野球上達塾

ケンコーボールJ号

最新のお知らせ

2020-05-01

試合レポート:王座決定戦

レポート王座決定戦

【Aリーグ・Bリーグ・Cリーグの年間王座決定!!】

プライドジャパン少年野球大会2019の王座決定戦Aリーグが12月21日、パロマ瑞穂球場にて行われた。

1塁側、昨年度年間王座に輝き、2年連続年間王座を狙うペイフォワード。対するは圧倒的打力で見事夏季大会を制した西尾旭JBC。
Aリーグはその2チームの決勝戦となった。
結果は9-0。そう。ゲームを制したのは、ペイ・フォワードだった。
初回ペイフォワード先頭バッター谷野君の先頭打者ホームランをきっかけに打線爆発。
ペイフォワード谷野君は秋季大会で大活躍。優勝の原動力となり、見事MVPを獲得した。
そしてペイフォワードは2年連続年間王座に輝いた。

Bリーグの年間王座決定戦開催はプライドジャパンとして初となる。
対決するのはレッドビッキーズ VS 尾張ライナーズ。
どちらも同点のまま1点を許さないという緊迫状態を破ったのがレッドビッキーズ。
レッドビッキーズの一打が勝負を決め、そのままレッドビッキーズが勝利。
レッドビッキーズがBリーグ初代年間王座に輝いた。

Cリーグの年間王座決定戦開催はプライドジャパンとして初となる。
対決するのはペイフォワード VS グレートブラザーズ。
試合序盤から点差を付け、試合を優勢に運んだのはペイフォワード。
このまま優勝かと思われたがグレートブラザーズも負けずと一点差まで詰め寄る。
お互い一点も許せない状態で、ペイフォワードが守り切って勝利した。
ペイフォワードがCリーグ初代年間王座に輝いた。

◇表彰
Aリーグ
優 勝:ペイフォワード  準優勝:西尾旭JBC  三位:グレートブラザーズ
MVP:谷野 勇輝 選手(ペイ・フォワード)
敢闘賞:岩瀬 優我 選手(西尾アサヒJBC)
Bリーグ
優 勝:レッドヴィッキーズ  準優勝:尾張ライナーズ  三位:東海清水少年野球団
MVP:山田 凜虎 選手(レッドビッキーズ)
敢闘賞:川村 竹ノ心 選手(尾張ライナーズ)
Cリーグ
優 勝:ペイフォワード   準優勝:グレートブラザーズ
MVP:松田 知輝 選手(ペイ・フォワード)

PRIDEJAPAN少年軟式野球大会2020はまもなく募集開始
3代目王座のイスは、果たしてどのチームだ!

  • BSOベースボールスクール

大会ハイライト動画

    大会YouTubeチャンネルへ動画をアップ!
  • プライドジャパンチャンネル

大会公式Facebook

主 催 団 体

  • プライドジャパン

協 賛 企 業

  • ナガセケンコー
  • スタンダード愛知
  • マルサンアイ
ページのトップへ戻る