「プライドジャパン」が全国で開催している自主対戦型草野球大会の全大会はこちらから。

大会メニュー
第2回 PRIDE JAPAN 東京リーグ2015【非公開】
大会メニュー

後期予選リーグ

Aブロック

順位表

順位 チーム名 試合数 勝点 得点 失点 得失 勝率
VICTORYS   4   4   0   0   8   25   -9   16   1.000 
ダディーズベースボール   4   3   1   0   6   30   -13   17   0.750 
吉岡クラブ   4   2   2   0   4   27   -13   14   0.500 
joyfull   4   1   3   0   1   14   -25   -11   0.250 
聖蹟シティボーイズ   4   0   4   0   0   9   -45   -36   0.000 

星取表

  チーム名 A B C D E
聖蹟シティボーイズ    ×
0 - 13 
×
6 - 9 
×
0 - 17 
×
3 - 6 
吉岡クラブ 
13 - 0 
 
5 - 1 
×
7 - 9 
×
2 - 3 
joyfull 
9 - 6 
×
1 - 5 
  ×
敗 - 勝 
×
4 - 10 
ダディーズベースボール 
17 - 0 

9 - 7 

勝 - 敗 
  ×
0 - 6 
VICTORYS 
6 - 3 

3 - 2 

10 - 4 

6 - 0 
 
※「勝」…不戦勝、「敗」…不戦敗

試合結果

第1節
×  聖蹟シティボーイズ  13  吉岡クラブ  ○ 
(戦評)
(聖蹟シティボーイズ)
吉岡クラブが初回から得点を重ね、勝利した。(吉岡クラブ)
(聖蹟シティボーイズ)
遠征ありがとうございました!(吉岡クラブ)
×  joyfull  不戦敗  不戦勝  ダディーズベースボール  ○ 
(戦評)
特になし(joyfull)
試合開始予定時刻を過ぎjoyfullの人員不足により、ダディーズベースボールの不戦勝。(ダディーズベースボール)
特になし(joyfull)
土井様 今回は残念な内容となってしまいましたのでまたの機会によろしくお願いします。(ダディーズベースボール)
第2節
×  聖蹟シティボーイズ  joyfull  ○ 
(戦評)
(聖蹟シティボーイズ)
(joyfull)
 (聖蹟シティボーイズ)
かなり打つチームで、点をとっても取られてしまい焦りました。(joyfull)
×  吉岡クラブ  VICTORYS  ○ 
(戦評)
(吉岡クラブ)
2回、5番・駒野の本塁打でVICTORYSが先制。
4回には9番・田中、1番・北住の連続エンドランスクイズで2点を追加。
3対0で迎えた最終回、1死1塁から吉岡クラブさんの三連打で3対2となるも、後続を抑えてゲームセット。(VICTORYS)
 (吉岡クラブ)
対戦ありがとうございました。 決勝トーナメントで再戦するかもしれませんが、またよろしくお願いいたします。(VICTORYS)
第3節
×  聖蹟シティボーイズ  17  ダディーズベースボール  ○ 
(戦評)
(聖蹟シティボーイズ)
聖蹟シティーボーイズの四死球でランナーを溜めて
タイムリーを放つ展開で17得点。
守りでは3投手の継投で完封。(ダディーズベースボール)
 (聖蹟シティボーイズ)
グランド、審判の手配ありがとうございました。 またよろしくお願いします。(ダディーズベースボール)
○  吉岡クラブ  joyfull  × 
(戦評)
吉岡クラブが二回に三点、四回に二点を奪い、投げては先発綿引が1失点に抑え
吉岡クラブが勝利した。(吉岡クラブ)
私たちの自滅による失点が多く守備の悪い流れが攻撃にも影響して、最後までずるずると流れていってしまいました。(joyfull)
対戦ありがとうございました!(吉岡クラブ)
強くて手も足も腹も出ませんでした。(joyfull)
第4節
×  聖蹟シティボーイズ  VICTORYS  ○ 
(戦評)
(聖蹟シティボーイズ)
1回表、先頭打者ホームランで聖蹟シティボーイズが先制するも、すぐに3番・森川のタイムリーで同点、2回裏には9番・小山のタイムリーなどで逆転に成功。
その後お互い点を取り合って6対3でVICTORYSが勝利した。(VICTORYS)
(聖蹟シティボーイズ)
大宮まで遠征ありがとうございました。(VICTORYS)
×  吉岡クラブ  ダディーズベースボール  ○ 
(戦評)
(吉岡クラブ)
先行ダディーズ、後攻吉岡クラブ。
初回ダディーズは1アウト3塁からスクイズもピッチャーの好フィールディングで無得点。
その裏吉岡クラブは先頭打者ホームランで先制。
2回ダディーズは1アウト2.3塁から井上のセンター前で2点。
その後、両チーム点を取り合い9対7でダディーズの勝利。(ダディーズベースボール)
 (吉岡クラブ)
左右田様 この度は対戦ありがとうございました。 またよろしくお願いします。(ダディーズベースボール)
第5節
×  joyfull  10  VICTORYS  ○ 
(戦評)
中盤でリードしたところで油断してしまったことが最大の敗因でした。
悪い流れを止められなかったのもよくなかったです。(joyfull)
VICTORYSは3回表に2番・村松のエンドランで先制。
その裏、joyfullは5本の長単打で4点を奪って逆転。
4回に1点、5回に2点を返して同点としたVICTORYSは、
6回表に無死満塁のチャンスを作り、1番・小林の犠牲フライで逆転。
更に押し出しの後4番・吉田に満塁から走者一掃のタイムリースリーベースでダメ押し。
6回で時間切れとなり、10対4でVICTORYSが勝利した。(VICTORYS)
チームとしての団結力があり、みんなで野球を楽しんでいる姿がとても印象的でした。個々の力も十二分にあり、なにしろ勝ちへの執着心が凄くて、見習わなければいけない部分が多くありました。また、是非決勝リーグで再戦できたらと思います。ありがとうございました。(joyfull)
対戦ありがとうございました。 マナー含め、とても素晴らしいチームでした。 今後とも宜しくお願いします。(VICTORYS)
○  VICTORYS  ダディーズベースボール  × 
(戦評)
初回、4番・吉田のエンドランで先制し、5番・福室、6番・鹿倉のタイムリーでこの回3点。
続く2回にも2点、5回にも1点を追加し、投げては先発の高山が6回を散発の三安打に抑え、見事完封勝利。(VICTORYS)
(ダディーズベースボール)
対戦ありがとうございました。 また決勝トーナメントでの対戦、よろしくお願いします。(VICTORYS)
 (ダディーズベースボール)

前期予選リーグ

Aブロック

順位表

順位 チーム名 試合数 勝点 得点 失点 得失 勝率
REDSOX   2   2   0   0   4   5   0   5   1.000 
深谷クラブ   2   1   1   0   2   7   -2   5   0.500 
Clouds   2   0   2   0   -1   1   -11   -10   0.000 

星取表

  チーム名 A B C
REDSOX   
1 - 0 

勝 - 敗 
深谷クラブ  ×
0 - 1 
 
7 - 1 
Clouds  ×
敗 - 勝 
×
1 - 7 
 
※「勝」…不戦勝、「敗」…不戦敗

試合結果

第1節
○  REDSOX  深谷クラブ  × 
(戦評)
(REDSOX)
先攻、REDSOX・吉田。後攻、深谷クラブ・木部の先発。

2回表、REDSOXは4番雨宮が四球と盗塁、5番田沢がきっちり送り1死3塁のチャンスも後続が打ち取られ無得点。3回表、8番浅野と1番須賀のヒットで1死1,3塁となるがこれも木部が粘りの投球で無得点に切る。

1~3回までパーフェクトに抑え込まれた深谷クラブは、4回裏1番永吉が死球、2番川田が送り、3番阿部のヒットで1死1,3塁のチャンス。しかし後続が6-4-3の併殺で無得点。

均衡を破ったのは6回表、REDSOX。4番雨宮の内野安打とエラーで1死2,3塁で6番中林がタタキを決め先制する。

追いつきたい深谷クラブも6回裏にエラーと1番永吉のヒットでチャンスを作るも後続が続か ず。

先発の吉田は深谷クラブ打線を2安打に封じ込み、1-0でREDSOXが勝利した。(深谷クラブ)
 (REDSOX)
REDSOXの皆様、遠い深谷まで遠征していただき、ありがとうございました。 また対戦の機会があると思いますので、今後とも宜しくお願い致します。(深谷クラブ)
○  REDSOX  不戦勝  不戦敗  Clouds  × 
(戦評)
(REDSOX)
(Clouds)
 (REDSOX)
(Clouds)
○  深谷クラブ  Clouds  × 
(戦評)
先攻、深谷クラブ・阿部。後攻、Clouds・加藤の先発。
初回、深谷クラブは2番高橋、3番阿部、4番島村、5番木部の4者連続長短打、さらに8番飯塚の走者一掃の二塁打で5得点。
2回表には3番阿部の2ランホームランが飛び出し7-0。
6回裏、Cloudsは、8番杉本、9番大島、1番宮川、3番加藤の4ヒットで1点を返すも、反撃もここまで。
先発の阿部は初回先頭打者から9者連続三振を奪い、6イニングで12奪三振。最後は豊留が3人で抑え、7-1で深谷クラブが勝利した。(深谷クラブ)
(Clouds)
Cloudsの皆様、遠いところ遠征していただきましてありがとうございました。 また機会ありましたら、ご対戦お願い致します。(深谷クラブ)
(Clouds)
Bブロック

順位表

順位 チーム名 試合数 勝点 得点 失点 得失 勝率
関東マッスルズ   2   2   0   0   4   8   -6   2   1.000 
NEO UNIVERSE   2   1   1   0   2   7   -4   3   0.500 
小金井サンライツ   2   0   2   0   -1   3   -8   -5   0.000 

星取表

  チーム名 A B C
NEO UNIVERSE   
勝 - 敗 
×
3 - 4 
小金井サンライツ  ×
敗 - 勝 
  ×
3 - 4 
関東マッスルズ 
4 - 3 

4 - 3 
 
※「勝」…不戦勝、「敗」…不戦敗

試合結果

第1節
×  NEO UNIVERSE  関東マッスルズ  ○ 
(戦評)
(NEO UNIVERSE)
NEO UNIVERSEは初回、先頭が四球で出塁し、4番の3塁打で1点先制。
4回裏には2死満塁からの内野安打でさらに1点追加。
マッスルズは5回表、満塁から走者一掃の2塁打で逆転。
NEO UNIVERSEは6回裏に1点返すもののマッスルズが逃げ切った。
(関東マッスルズ)
(NEO UNIVERSE)
対戦ありがとうございました。(関東マッスルズ)
○  NEO UNIVERSE  不戦勝  不戦敗  小金井サンライツ  × 
(戦評)
(NEO UNIVERSE)
(小金井サンライツ)
期限内対戦不可の為、大会規定に基づき勝敗判定(NEO UNIVERSE)
期限内対戦不可の為、大会規定に基づき勝敗判定(小金井サンライツ)
○  関東マッスルズ  小金井サンライツ  × 
(戦評)
初回、小金井サンライツは先頭バッターが四球で出塁した後、犠牲フライで先制する。続く2回にはサード内野安打で追加点をあげる。
マッスルズは3回に点を返すものの、後続が続かず1点止まり。
4回は投手の好投により、互いに3者凡退。
5回、小金井サンライツが1点を追加し差を広げるが、その裏マッスルズは4番のタイムリーで同点に追いつく。
最終回となった6回、マッスルズがランナー2塁から、タイムリーを放ちサヨナラ。4ー3でマッスルズが勝利した。
(関東マッスルズ)
(小金井サンライツ)
対戦ありがとうございました。(関東マッスルズ)
 (小金井サンライツ)