全国草野球大会サイト「プライドジャパン」全国草野球選手権 全国大会の結果

第2回PRIDEJAPAN東京LEAGUE 決勝戦in西武プリンスドームの結果ページです。

第2回PRIDEJAPAN東京リーグ決勝戦 in 西武プリンスドーム
   

    ◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
 2015年11月29日(日)西武プリンスドームにて第2回東京リーグ決勝戦が行われました。 決勝戦の対戦カードは、第1回大会優勝チームの「深谷クラブ」と、今大会初出場の「VICTORYS」の顔合わせとなりました。

試合前整列
 試合前の整列

深谷先発真下投手
 深谷クラブ先発-真下投手

VIC先発高山投手
 VICTORYS先発-高山投手

1回表
1回表
 VICTORYSは5番福山選手のタイムリーなどで幸先良く2点を先制する。

3回表
Mac Japan優勝表彰
 VICTORYSは相手ミスにつけこみ2点を追加、4-0とリードを広げる。

3回裏
Mac Japan優勝表彰
 深谷クラブは1番永吉のタイムリーなどで3点を返し1点差に詰め寄る。

4回裏
Mac Japan優勝表彰
Mac Japan優勝表彰
 深谷クラブは8番川田主将のタイムリーなどで2点奪い逆転に成功する。

その後
Mac Japan優勝表彰
 深谷クラブ・エース阿部投手が好リリーフを見せ、無得点に抑える。

7回裏
Mac Japan優勝表彰
 最終回VICTORYSも粘りを見せるが、最後は阿部投手が踏ん張り、見事2年連続の優勝を決めた!



    ◇◆◇◆◇  Movie  ◇◆◇◆◇
     試合のハイライトシーン動画です。
     


    ◇◆◇◆◇   Interview  ◇◆◇◆◇
     試合後、両チームにインタビューしました。
川田主将インタビュー
深谷クラブ:川田主将



北住代表インタビュー
VICTORYS:北住代表

優勝チーム 深谷クラブ 川田主将
 「自分も昔5年間一緒にプレーしたVICTORYSと、西武ドームという最高の舞台で対戦でき、さらに優勝できて、本当に良かったです。正直、4点先制された時はまずいと思いましたが、皆で諦めずに戦った結果が2連覇を成し遂げられたと思います。来年も3連覇目指して頑張ります。」

準優勝チーム VICTORYS 北住代表
 「序盤に先制して追加点も取れたところで、いけるかなと思い気が緩んでしまいました。前回優勝の深谷クラブさんの粘りもすごくて逆転されてしまいましたが、いい試合が出来て良かったです。また来年リベンジしたいと思います。」








    ◇◆◇◆◇  Award Ceremony  ◇◆◇◆◇
     試合後の表彰式では、優勝・準優勝チーム、個人賞選手の健闘を讃えました。
深谷クラブ優勝表彰
優勝チーム:深谷クラブ


VICTORYS準優勝表彰
準優勝チーム:VICTORYS

MVP川田選手
MVP:川田選手(深谷クラブ)


敢闘賞立浪選手
敢闘賞:立浪選手(VICTORYS)



    ◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇