全国草野球大会サイト「プライドジャパン」全国草野球選手権 全国大会の結果

第1回PRIDEJAPAN愛知LEAGUE 決勝戦inナゴヤドームの結果ページです。

第1回PRIDEJAPAN愛知リーグ 決勝戦 in ナゴヤドーム
   

  ◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇

 2014年10月26日(日)中日ドラゴンズ本拠地のナゴヤドームにて、第1回目となるPRIDE JAPAN愛知リーグの決勝戦が行われた。予選を勝ち抜き決勝戦に進んだのは、第1回PJカップ全国大会準優勝の「Mac Japan」と、30代のメンバーを中心にチームワークで戦ってきた「B・S Breedz」の両チーム。激戦区・愛知県の頂点を懸けて、両雄がここに相見える!!



金丸投手
«金丸投手»  先発し4イニングを1失点に抑える好投でMVP受賞。元広島カープ投手。

小林監督
«小林監督»  常に冷静な采配でチームを勝利に導く。この日も采配が冴え渡った。

安細選手
«安細選手»  2点タイムリーを放つなど、その勝負強さを今回も発揮した。

荻尾投手
«荻尾投手»  中継ぎで2イニングを無失点に抑えるナイスピッチングを披露。

浦選手
«浦選手»  あわやHR、大迫力の特大スリーベースを放ち、勝利に貢献した。



 Mac先発:金丸投手、BS先発:加藤投手。初回は両チームともにランナーを出すものの得点には結びつかず無得点。静かな立ち上がりとなる。

 2回裏Macの攻撃。5番大澤が死球で出塁し、さらに盗塁に成功、6番戸村は四球を選んで無死一二塁とする。7番浦は送りバントをきっちり決めて、一死二三塁と先制の大チャンス。ここで、8番下川に投じた2球目がパスボールとなる間に2者が生還し、2点を先制!さらに下川が死球、栗岡が四球を選んで出塁すると、バッテリーミスで1点を追加。3番安細にも2点タイムリーが飛び出し、この回なんと一挙大量5点を奪うことに成功する。

 3回表BSの攻撃、9番小栗が三失で出塁するも1番安福がダブルプレーで二死となるが、2番前原が死球で出塁後盗塁を決め二死二塁とする。ここで3番酒向が左中間にタイムリーヒットを放ち1点を返す!

 3回裏Macの攻撃、一死から6番戸村が四球を選び出塁すると、7番浦はもう少しでホームランになりそうな特大のスリーベースヒット!1点を追加、6-1とし、再びリードを広げる。

 その後Macは金丸投手から荻尾投手へ継投、BSは加藤投手から酒向投手へと継投。両投手の好投もあり試合は6-1のまま最終回へと進む。

 最終回BSの攻撃、一死から7番前田が四球を選び、この日3度目の出塁をすると、続く8番近藤もライト前ヒットで続き一死一二塁と粘りを見せる。この重要な場面で打席には具志堅監督!打った打球はショート正面へのゴロとなり6-4-3と渡りダブルプレーでゲームセット。予選から圧倒的な実力で勝ち上がってきたMacジャパンが、初代愛知リーグの頂点に輝いた!


加藤投手
«加藤投手»  序盤に失点はあったが、堂々とした投球で先発の大役を務めた。

酒向投手
«酒向投手»  リリーフ登板でベテランらしい見事な制球力を披露、打撃でも活躍。

具志堅監督
«具志堅監督»  常に明るく選手を引っ張っていく。捕手としても好リードを見せた。

前田選手
«前田選手»  全打席で出塁するなど、チームの中核打者として存在感をアピール。

酒向選手
3回表、酒向選手のタイムリー。チーム唯一の得点を叩き出し、敢闘賞を受賞。




  ◇◆◇◆◇  Movie  ◇◆◇◆◇
     試合のハイライトシーン動画はこちら。

     


  ◇◆◇◆◇  Award Ceremony  ◇◆◇◆◇
     試合後の表彰式では、優勝・準優勝チーム、個人賞選手の健闘を讃えました。
Mac Japan優勝表彰
優勝チーム:Mac Japan


B・S Breedz準優勝表彰
準優勝チーム:B・S Breedz

MVP金丸選手
MVP:金丸将也選手(Mac Japan)


敢闘賞酒向選手
敢闘賞:酒向剛選手(B・S Breedz)



     ◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇