全国草野球大会サイト「プライドジャパン」PRIDE JAPAN CUP 2013 全国決勝大会の結果

「プライドジャパン」主催 PRIDE JAPAN CUP 2013 全国決勝大会の結果ページです。

PRIDE JAPAN CUP 2013    8.11全国決勝大会
2013年8月11日(日)岡崎市民球場にて行われましたPRIDE JAPAN CUP 2013 全国決勝大会の結果です。
 (試合名をクリックするとジャンプします。)
 第1試合  Macジャパン × Show Time          第2試合  深谷クラブ × Kirby Puckett
 第3試合  ガチです川崎 × TIME OUT
 第4試合 ≪準決勝≫  株式会社 吉田土木 × Macジャパン  第5試合  ≪準決勝≫  Kirby Puckett × TIME OUT

第1試合 Macジャパン × Show Time

 
Macジャパン(一塁側)
先発メンバー
Show Time(三塁側)
先発メンバー


◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
安細選手
貴重な先制タイムリーを放ったMacジャパン-安細選手

日下部選手
マルチ安打で4番の役目を果たしたMacジャパン-日下部選手

長江投手
5イニングを被安打1、奪三振6の好投、Macジャパン-長江投手

1回表Macジャパンの攻撃。1番・鈴木が四球を選び出塁すると、すかさず盗塁を決める。2番・中山は一飛に倒れ一死二塁となり、バッターは3番・安細。その初球がワイルドピッチとなり、一死三塁となる。この先制のチャンスに安細の放った打球は、右中間を真っ二つに破るタイムリースリーベース!Macジャパンが先制点を挙げる。さらにこの回Show Timeバッテリーにミスも出て、1点を追加する!!

2回裏Show Timeの攻撃。 先頭5番・野崎がツーベースで出塁し、チャンスを作る。6番・渡辺は三振に倒れ、一死二塁。7番・松村は四球を選び、一死一二塁とチャンスが広がる。しかしここは、Macジャパン先発・長江が8番・今井を4-6-3のダブルプレーに打ち取り、ピンチを凌ぐ。

4回裏Show Timeの攻撃。 先頭3番・安藤が四球を選ぶと、続く4番・小林も四球を選び無死一二塁。しかしここも長江投手が5番・野崎、6番・渡辺、7番・松村を気迫の投球で打ち取り、無得点に抑える。

5回表Macジャパンの攻撃。この回から代わった江上投手の代わり端を攻め、4番・日下部のスリーベース、5番・下島のタイムリースリーベースなどで、ダメ押しとなる2点を追加する!!

投げては、先発・長江がShow Time打線を1安打に抑える好投を見せ、4-0でMacジャパンが勝利した!!
野崎選手
チーム唯一のヒットを放ったShow Time-野崎選手


下島選手
3ベース2本の大活躍!Macジャパン-下島選手


小林投手
4イニング力投も及ばず、Show Time-小林投手




◇◆◇◆◇ Interview ◇◆◇◆◇
小林監督インタビュー
  小林監督

安細選手インタビュー
  安細選手

溝口監督インタビュー
  溝口監督


見事勝利を飾ったMacジャパン-小林監督
(今のお気持ちは?)嬉しいです。
(チャンス時の采配)選手を信じて、自信を持ってサインを出しました。
(チームメンバーへ)もう1試合勝って、西武ドームに行きましょう!!

先制タイムリーを放ったMacジャパン-安細選手
(今のお気持ちは?)勝てて嬉しいです。
(先制の打席は?)後ろにいいバッターがいるので、気楽に打席に入れました。
(次の試合の意気込み)暑いですがもう1試合頑張ります!

Show Time-溝口監督
(今のお気持ちは?)悔いはありますが、選手達はよくやってくれたと思います。
(3回のピンチを凌いだ場面)いつものことなので、特に心配してなかったです。
(今後の意気込み)またPRIDE JAPANで全国大会出場を目指します!

◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇
    
       
       
       
       
     


第2試合 深谷クラブ × Kirby Puckett

 
深谷クラブ(一塁側)
先発メンバー
Kirby Puckett(三塁側)
先発メンバー


◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
石田選手
二度の出塁で勝利に貢献したカービーパケット-石田選手

間瀬隼選手
脅威の粘り12球!カービーパケット-間瀬隼選手


山本投手
無四球完封勝利!!カービーパケット-山本投手

1回裏カービーパケットの攻撃。 1番・石田がセーフティーバントを決めると、相手ミスも誘い一気に二塁まで行く。2番・塚本はきっちり送りバント決め、一死三塁とする。3番・八橋は四球を選び、一死三塁。注目の4番・井上は三振に倒れ二死一三塁。5番・井上は遊飛に倒れ、この回得点ならず。

3回表深谷クラブの攻撃。 先頭8番・周東が内野安打で出塁する。9番・蔵本は送りバントを決め、一死二塁と先制のチャンス。1番・川田は三ゴロに倒れ二死二塁。2番・木部はフルカウントから三振に倒れ、無得点に終わる。

5回裏カービーパケットの攻撃。 先頭6番・新美が内野安打で出塁する。7番・渡辺は送りバントを決め一死二塁。8番・間瀬隼は12球粘った末、四球を選び一死一二塁。9番・岩元は捕飛に倒れ二死一二塁。1番・石田は死球となり二死満塁。2番・塚本の4球目、WPで1点を先制する!塚本は四球を選び、再び二死満塁。3番・八橋の三ゴロが相手ミスを誘い、2点を追加する!

6回表深谷クラブの攻撃。 一死から2番・木部が右中間を破るツーベースで出塁する。しかし、山本投手の前に後続が続かず無得点。

カービーパケット先発・山本投手は、要所を締めるピッチングで、無四球完封勝利!!
川田選手
主将としてチームを引っ張った、深谷クラブ-川田選手

木部選手
鋭いツーベースを放った深谷クラブ-木部投手


周東投手
被安打3に抑える好投を見せた深谷クラブ-周東投手




◇◆◇◆◇ Interview ◇◆◇◆◇
安藤監督インタビュー
  安藤監督

山本投手インタビュー
  山本投手

高部監督インタビュー
  高部監督

川田主将インタビュー
  川田主将


初戦を勝利で飾ったKirby Puckett-安藤監督
(序盤は譲らぬ接戦)お互い我慢強く守り抜いたと思います。
(選手への声かけは?)とにかくまず塁に出よう、チャンスを作ろう、と。
(次の試合に向けて)一戦必勝、次もしっかりやりたいと思います。

見事完封勝利!Kirby Puckett-山本投手
(マウンドでの気持ちは?)味方が1点取るまでは、粘り強く、先制点を与えないようにと思って投げました。
(チームメンバーへ一言)あんなに点を取ってくれるとは思っていなかったので(笑)ありがとうございます!
深谷クラブ-高部監督
(選手へのアドバイスは?)ゴロを転がし、全力疾走すること、一球目から積極的に振っていけ、と指示していました。
(今後の豊富)次は全国制覇目指して頑張ります。

深谷クラブ-川田主将
(今のお気持ちは?)はるばる埼玉から来たので残念というのが素直な気持ちですが、最後まで楽しむことができました。
(今後について)悔しいので、来年はリベンジしたいと思います!


◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇
    
       
       
       
       
       


第3試合 ガチです川崎 × TIME OUT

 
ガチです川崎(一塁側)
先発メンバー
TIME OUT(三塁側)
先発メンバー


◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
井戸田選手
初回タイムリーを含め、全打席出塁!TIME OUT-井戸田選手

佐藤選手
代打でツーベースを放ちその後リリーフ登板でも活躍TIME OUT-佐藤選手


鈴木投手
3イニング被安打1の好投&初回タイムリーの殊勲TIME OUT-鈴木投手

1回表ガチです川崎の攻撃。1番・今田が遊失で出塁。2番・水柿は三振に倒れ一死一塁。3番・林が左前にヒットを放ち一死一三塁と先制のチャンス。4番・花辺は遊ゴロに倒れ二死一三塁。5番・布目は二ゴロで無得点に終わる。

1回裏TIMEOUTの攻撃。1番・千葉が三失で出塁。2番・小島学は四球を選び無死一二塁。3番・井戸田の初球がWPとなりそれぞれ進塁。さらに4球目にもWPで1点を先制すると、井戸田にもタイムリーが飛び出しさらに1点を追加。4番・大河原はダブルプレーに倒れるが、5番・小林が四球を選び二死一塁。6番・鈴木がセンターオーバーのスリーベースを放ち、この回3点目を挙げる!!

3回表ガチです川崎の攻撃。二死から2番・水柿、3番・林が四球を選び、二死一二塁とチャンスを作るが、4番・花辺は三ゴロに打ち取られ、この回も得点ならず。

4回裏TIMEOUTの攻撃。先頭3番・井戸田、4番・大河原と四球を選び無死一二塁。5番・小林は二飛に倒れ一死。6番・鈴木三振で二死一二塁。7番・朝日は死球で二死満塁。8番・立松は押し出しの四球を選び9点目。9番・神田は右中間を破るタイムリーツーベースで2点を追加。さらに代打・佐藤にもタイムリーが飛び出し12点目を挙げる!!

TIMEOUTは、鈴木ー佐藤ー大河原の小刻みな継投で、ガチです川崎打線を被安打2に抑え、準決勝に駒を進めた!!
林選手
初回に鮮やかなヒットを放った、ガチです川崎-林選手

布目選手
キャプテンとしてチームをまとめた、ガチです川崎-布目選手


竹内投手
2番手としてマウンドに上がった、ガチです川崎-竹内投手




◇◆◇◆◇ Interview ◇◆◇◆◇
富士代監督インタビュー
 冨士代監督

鈴木投手インタビュー
  鈴木投手

繁在家監督インタビュー
 繁在家監督

大勝も気を引き締めるTIME OUT-冨士代監督
(戦略は?)選手を信頼して、のびのびやらせようと。
(次の試合に向けて)初戦はこういう大ざっぱな試合になったので、次は気を引き締めて臨みたいと思います。

投げて打っての活躍TIME OUT-鈴木投手
(投打に大活躍でしたね)楽しかったです。
(初回のタイムリーは)ちょっとつまったが、いい声が出たので打てました(笑)
(次の試合に向けて)勝って西武ドームに行きたいです!

ガチです川崎-繁在家監督
(一方的な試合となってしまったが)みんな最後まで楽しみながらやれたので良かったのでは。
(選手への言葉がけ)とにかく楽しくやろうと声をかけました。
(今後の抱負)来年はもっと良い成績が残せるよう頑張ります。



◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇
    
       
       
       
       
     


第4試合 株式会社 吉田土木 × Macジャパン

 
株式会社 吉田土木(一塁側)
先発メンバー
Macジャパン(三塁側)
先発メンバー


◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
奥出捕手
攻守の要となり、チームのまとめ役を果たしたMacジャパン-奥出捕手

安細選手
初戦に続きこの試合も決勝タイムリー!!Macジャパン-安細選手

小笠原投手
被安打2の好投で勝利をもたらしたMacジャパン-小笠原投手

2回表株式会社 吉田土木の攻撃。先頭4番・山崎が鮮やかな右前ヒットで出塁。しかし予選でHRを放っている5番・徳武は5ー4ー3のダブルプレーに倒れ、チャンスを生かせない。。。

3回裏Macジャパンの攻撃。一死から9番・宮田が四球を選び出塁する。1番・鈴木は右飛に倒れ二死となる。2番・中山も四球を選び、二死一二塁の先制のチャンスを作る。しかし絶好調3番・安細は中飛に倒れ、この回得点ならず。

5回裏Macジャパンの攻撃。先頭7番・小川が右前ヒットで出塁する。8番・奥出も内野安打で続き無死一二塁とする。9番・宮田は四球を選び無死満塁。この絶体絶命のピンチに吉井投手が踏ん張りを見せる。好打者1番・鈴木を一飛、2番・中山を一ゴロに打ち取り二死満塁までこぎつける。しかし3番・安細には、5球目を左前にはじきかえされ、Macジャパンが2点を先制する!!

7回表株式会社 吉田土木の攻撃。一死から2番・茨木が死球で出塁する。3番・柴田は二ゴロ進塁打で二死二塁とし、この試合初めて得点圏にランナーを置く。ここでバッターは初回にヒットを放っている4番・山崎。カウント2-1からの5球目を打ったが、投前ゴロとなり、ゲームセット。。。

Macジャパンは小笠原の好投で2試合目も完封勝利!念願の西武ドーム決勝戦に駒を進めた!!
山崎選手
2回の華麗なライト前ヒットで主将の面目躍如、吉田土木-山崎選手

吉井投手
6イニング粘投も、一球に泣いた吉田土木-吉井投手


茨木選手
注目の選手、無安打に終わるも守備で魅せた吉田土木-茨木選手





◇◆◇◆◇ Interview ◇◆◇◆◇
須田主将インタビュー
  須田主将

安細選手インタビュー
  安細選手

小笠原投手インタビュー
 小笠原投手

一片監督インタビュー
  一片監督

3塁コーチャーから檄を飛ばし続けたMacジャパン-須田主将
(今のお気持ちは?)素直に嬉しいです。
(チームメンバーに一言)西武ドームで勝って、優勝しましょう!

初戦に続く2試合連続決勝打!!Macジャパン-安細選手
(今のお気持ちは?)嬉しいです。
(5回の得点時の打席では)いつも通り平常心で打席に入りました。
(次の試合に向けて)また頑張りたいと思います。

ナイスピッチングで勝利に大きく貢献!Macジャパン-小笠原投手
(振りかえって一言)気持ちよく投げられました。
(マウンドでのお気持ちは?)終盤、球速表示が落ちてきたので、140キロを投げようと思っていました。
(次は西武ドーム)日程を合わせて行けるようにしたいと思います。

株式会社吉田土木-一片監督
(今のお気持ちは?)ここまで来て負けたのは非常に残念です。
(選手の皆さまへ一言)この大会は負けてしまいましたが、また一から出直してがんばりましょう。



◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇
 
       
       
       
       
         


第5試合 Kirby Puckett × TIME OUT

 
Kirby Puckett(一塁側)
先発メンバー
TIME OUT(三塁側)
先発メンバー


◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
小林選手
勝ち越しタイムリーが決勝点となったTIME OUT-小林選手

大河原選手
体勢を崩しながらも見事なタタキを決めたTIME OUT-大河原選手

小島初投手
本調子ではないものの、6回2失点に抑えたTIME OUT-小島初投手
2回裏カービーパケットの攻撃。先頭5番・山根は右中間を破るツーベースで出塁。6番・新美徹が中前タイムリーを放ち、先制点を挙げる!一死後、8番・間瀬隼が内野安打、9番・岩元の初球がパスボールとなり一死一三塁。岩元は2球目を打ったが、ショート正面のライナーとなり、飛び出した一塁ランナーもアウトに。。。この回1点止まり。

3回表TIMEOUTの攻撃。一死から9番・立松が四球を選ぶ。1番・千葉のバントが相手ミスを誘い一死一二塁。2番・小島学は右前ヒットで一死満塁。3番・井戸田は二ゴロでホームフォースアウト二死満塁。ここで4番・大河原が押し出しの四球を選び同点に追いつく!なおも二死満塁から、5番・小林が左中間を真っ二つに破る走者一掃のツーベースを放ち、さらに3点を追加、4-1とする。

5回表TIMEOUTの攻撃。先頭2番・小島学がツーベースで出塁。3番・井戸田はきっちり送って一死三塁。ここで4番・大河原が2球目にタタキを成功させ、1点を追加!!

6回裏カービーパケットの攻撃。一死から代打・牧内が三失で出塁する。4番・井上が意地のツーベースを放ち、牧内が一気に生還し1点を返す!が、後続が続かず、ここでゲームセット。

TIMEOUTはエース・小島初の力投とクリーンアップの活躍で、西武ドーム決勝戦への切符をもぎ取った!!
山根選手
2回の2ベースは先制点のきっかけとなった。Kirby Puckett-山根選手

新美徹選手
センター前に先制タイムリー!Kirby Puckett-新美徹選手

井上選手
最終回に4番の意地を見せたKirby Puckett-井上選手




◇◆◇◆◇ Interview ◇◆◇◆◇
冨士代監督インタビュー
 冨士代監督

小林選手インタビュー
  小林選手

小島初投手インタビュー
 小島初投手

安藤監督インタビュー
  安藤監督

西武ドーム進出を決めたTIME OUT-冨士代監督
(先制され直後に逆転、心境は?)うちは先制されると弱いですが、今日は皆気持ちが入っていたので逆転できました。
(西武ドーム決勝に向けて)この大会に出ると決めた時から、皆で西武ドームに行って優勝しようと約束していたので、必ず優勝したいと思います。
走者一掃タイムリー!!TIME OUT-小林選手
(3回のタイムリー)最近クリーンアップで点が取れていなかったので、絶対に打ってやろうと真っ直ぐ一本に絞って打ちました。
(決勝に向けて)今日も関係者の方がたくさん応援に来ていただいたので、その気持ちに応えたいと思います。
西武ドーム決勝を決め、口調も滑らかなTIME OUT-小島初投手
(試合を振り返って)今年一番調子が悪かったが、野手の方が助けてくれました。ありがとうございます。いつも僕におんぶに抱っこのチームですが(笑)、今日は皆が盛り上げてくれたので、決勝もこの調子で行きたいです。

Kirby Puckett-安藤監督
(試合を振り返って)残念です。こちらのやりたい野球ができなかったので、こういう結果になったのは仕方ないかなと思います。
(選手に一言)毎週の練習をこれからも続けて、ひとつでも多く勝ちましょう!




◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇