全国草野球大会サイト「プライドジャパン」大阪リーグ 決勝戦の結果

プライドジャパン大阪リーグ 決勝戦in京セラドームの結果ページです。

プライドジャパン 大阪リーグ 決勝戦 in 京セラドーム
  

                ◇◆◇◆◇ Game Report ◇◆◇◆◇
           壮絶な戦いとなった決勝戦は、互いに譲らず、両チーム優勝に!!


整列
プレイボールを前に、ドーム内に緊張感
が漂う

高尾投手
気迫の投球で6イニング1失点完投!吉
田土木-高尾投手

田口投手
華麗なフォームで強打の吉田打線を1点
に抑えたアンビリーバブルズ-田口投手

柴田選手
初回の2ベース含む2安打と気を吐いた、
吉田土木-柴田選手

先制点
茨木勇選手の好走塁で、スクイズ成功!
吉田土木が先制点をあげる

木下選手
執念のタタキで同点にこぎつけ、塁上で
喜ぶアンビリーバブルズ-木下選手


 2014年3月8日(土)京セラドーム大阪にて、第1回目となる「プライドジャパン 大阪リーグ」の決勝戦が行われた。

 ドーム決勝戦に駒を進めたのは、予選を圧倒的な勝ち上がりで勝ち進んできたアンビリーバブルズ、第1回PJカップでは関西地区代表となった株式会社吉田土木の2チーム。
 大阪頂上決定戦として、関西を代表する強豪の両雄が、最高の舞台で決着をつける時が来た!!


 試合は、吉田土木・高尾、アンビリーバブルズ・田口の両先発投手で幕を開けた。

 1回裏吉田土木の攻撃。
 1番・柴田はツーベースで出塁し、いきなり先制のチャンスを作る。一死後、ワイルドピッチで一死三塁となり、バッターは好打者・山崎を迎える。
 しかしここは、アンビリーバブルズ・田口が渾身の投球で、山崎を三振、さらに、続く4番・徳武をセンターフライに打ち取り、無失点で切り抜ける。

 3回表アンビリーバブルズの攻撃。
 9番・竹田のヒットを皮切りに、二死二三塁のチャンスを作るも、吉田土木・高尾が気迫のこもった投球で3番・伊藤を投ゴロに打ち取り、得点ならず。

 3回裏吉田土木の攻撃。
 先頭の9番・茨木勇が四球で出塁すると、1番・柴田もヒットで続き、一三塁とチャンスを広げる。ここで吉田土木ベンチが動き、2番・玉置にスクイズのサインを送ると、玉置はこれに見事に応え、きっちりとスクイズを決め、吉田土木が待望の先制点を上げる!

 4回・5回は、両チームともにチャンスは作るものの、決定打を欠き、吉田土木1点リードのまま、試合は大詰めへと進んでゆく・・・。

 6回表アンビリーバブルズの攻撃。試合時間規定によりこのイニングで最終回となる。
 一死から4番・芥川、5番・井藤の連続ヒットで一死一三塁とすると、6番・池田は死球で満塁になる。この場面で迎えるバッターは、前打席でヒットを放っている8番・木下!ここで華麗なタタキが決まり、土壇場でアンビリーバブルズが同点に追いつく劇的な展開!!

 最終回裏吉田土木の攻撃。
 ここまで好投を続けてきたアンビリーバブルズ・田口は、最後の攻撃も無得点に抑え、ゲームセット!

 試合は大会規定により、プライドジャパン主催大会で初めてとなる、両チーム優勝という結果となった!



                ◇◆◇◆◇ 優秀選手表彰 ◇◆◇◆◇


木下選手


柴田選手


田口投手


高尾投手




アンビリーバブルズ 木下達郎選手
 1点リードされて迎えた土壇場の最終回で、見事なタタキを決め、執念で貴重な1点をもぎとりました。チームの救世主!



株式会社吉田土木 柴田省吾選手
 チーム唯一のマルチ安打を放つなど、先頭打者として十二分に存在感を示し、優勝に貢献しました。


アンビリーバブルズ 田口翔太投手
 華麗なフォームで左腕から繰り出す投球は、強打の吉田土木打線をも翻弄。6イニングを1失点に抑える好投が光りました。



株式会社吉田土木 高尾友悟選手
 マウンドでは、力感あふれる気迫の投球で完投!打席でもツーベースを放つなど、投打にわたって大活躍されました。




                ◇◆◇◆◇ Photo Gallery ◇◆◇◆◇